ロット(取引枚数)を常に一定に保つ

前回はエントリーのタイミングで、
迷ったときはロットを小さくして取引した方が良いとの話でしたが、
このロット=取引枚数について少々。

FXのロットとは、その通貨の取引数量のことです。
FXの取引枚数は通常、1枚=1万通貨であらわされます。

たとえば90円で米ドルを1万ド
ル買った場合は、
「90円で米ドルを1枚買った」ということになります。

この取引枚数の設定や調整は、FX取引の中でかなり重要なことです。
たとえば「初心者なら1枚までにとどめるべき」とよく言われています。

なれないうちから取引枚数をむやみに増やす行為は、
損失が出たときのリスクを上げることになりますので注意しましょう。

FXの取引ルールとしてメジャーなものに、取引枚数を一定にキープするというものがあります。
つねに一定の取引枚数で取引を行うようにすることで、
安定的な取引ができるようになるということです。

とくに取引枚数をむやみに増やすべきではない初心者さんであれば、
枚数はつねに一定をキープするべきです。

初心者さんにはやはり取引枚数1枚(1万通貨)から始めることが推奨されます。
たとえば連敗が続いてしまったなど、時には枚数を減らすべきときは、確かにあります。
そしてFXになれてきても、一定の取引枚数を保つようにすることが大切です。

最近のFX会社は1000通貨単位の小額取引から始められるFX会社も増えています。
このような小額取引はポジションを縮小したいとき、
小さいFX取引から始めたいときにとても便利ですね。

さらにマネーパートナーズでは100通貨単位、って事は証拠金がん百円から取引でき、
さらにさらに最近では1通貨から取引できるSBI FXTRADEまで登場してきました。
1通貨だと証拠金がいくらになるかと見てみたところ、ドル円でなんと4円からだそうで、
しかもスプレッドが0.12銭!って、100円パチンコより安!


その後のドル/円ですが週足ではまだ以前のままですが、
以下、日足では遅行線が実体線を突き抜け、実体線、基準線も雲をつきぬけ上昇開始しております。
いい感じの動きです。これから週足でもトレンドが出てくるのか注目ですね。


20121108usd.jpg

このブログ記事について

このページは、motorが2012年11月 8日 11:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ポジションエントリー 躊躇と無謀」です。

次のブログ記事は「ドル円90円台は短命で終わるのか!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。