ポジションエントリー 躊躇と無謀

FX初心者が目の当たりにするのは、為替レートがすごいスピードで動いていくさま。
FXを始めたばかりのころは、為替レートの動きに驚くことが多いと思います。
そして初心者の人ほど、このような為替の動きにうまく対応できず、
てんやわんやしてしまうものです。

為替の動きと取引に慣れた上級トレーダーならこのような為替の動きでもうまく対応し、
躊躇なくエントリーすることができます。しかし初心者はこのような動きに合わせた対応が
上手くできずに失敗してしまうのです。

という私も最初の頃の取引はてんやわんやでした。
雇用統計って何?って感じでFXを始めましたから!
しかしこれが最初は面白いように勝ちましたね、
しかも当時レバレッジ規制なんてものもありませんでしたので、
100倍取引なんて当たり前、しかしレバレッジの意味も分からず取引してました。
今思い出しても恐ろしい取引をしていたな~と思うと同時に、
もしかして今よりエントリーに躊躇が無かったんではと思います。

しかしこれは何も知らないが故の無謀のエントリーで、
躊躇無くエントリーするって事とは雲泥の差があることはいうまでもせんが・・・。

FXにおいて指標発表の前後というのは為替相場に大きな変化を
もたらします。
たとえば、自分の通貨ペアに変化をもたらすような大事な指標の結果が悪かったとします。
そしてどんどん為替レートが下がっていって・・・こんなときにどうするべきか。

為替レートが下がっている様をながめながら、もう遅いんじゃないか?とか、
さまざまな思考が頭をよぎると思います。状況によってはポジションを持つことで
大きな利益を得ていたのに・・・これは大きな利益のチャンスを逃したということ。

エントリーはタイミングが重要で、当然遅れてしまえば利益を逃すことになります。
しかし初心者はエントリーするかの判断に悩むことも多いでしょう。
そんなときはポジションを小ロット(少なくい枚数)に落としてエントリーするのがおすすめです。

前回、ドル/円の月足チャートを紹介しましたが、今回は週足の一目均衡表です。

20121012usd.jpg

雲の中に入ってきておりくものねじれも見え、遅行線もいい位置に来ていますので、
上昇の目が出てきましたが今年の初めも雲を抜きましたが押し戻され反落してます。
しかしこの雲の中のレンジでかなり力を溜め込んでいますので雲を抜けきれば
上昇に弾みがつきそうですね。

このブログ記事について

このページは、motorが2012年10月12日 17:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どの通貨から始めたら良いんだろう?」です。

次のブログ記事は「ロット(取引枚数)を常に一定に保つ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。