まずはFXにおけるレバレッジを理解しよう!

FX取引を行う時、レバレッジが非常に重要になってきます。
FX初心者の人が何が何やら分からないと思うのも、
このレバレッジの仕組みだと思います。

簡単にレバレッジの計算方法を紹介しますね。

レバレッジはFX業者によって違ってきます。
例えばレバレッジが8倍のFX会社を選んだとしましょう。

もし80万円でドルを買う場合はFX会社に

10万円の保証金を入れておけば、
80万分のドルが買えるのです。
10万円の8倍は80万円ですよね。

保証金にFX会社が設定しているレバレッジをかけれ
ば、
買うことができる金額が分かるというわけです。

でももし保証金を20万円預けていたらどうなるのでしょうか。
その場合はレバレッジが4倍になります。


レバレッジが8倍のFX会社を選んだのに、
何で4倍になってしまうのと思うかもしれません。

レバレッジは保証金の額によって変わってくるのです。
簡単に計算式を書くと、
取引金額÷保証金がレバレッジになります。
FX会社が設定しているレバレッジは上限と考えても良いでしょう。

このブログ記事について

このページは、motorが2012年4月23日 18:31に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「チャート分析を使用してFXを極めよう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。